茨木市 形成外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科・内科 岡本医院
OKAMOTO CLINIC

アトピー性皮膚炎Atopic dermatitis

もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。 一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

アトピー性皮膚炎への対処・治療方法

症状や原因

アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケア、アレルギー反応の抑制、炎症の抑制を目的として、薬による治療を中心に行います。この疾患は、完全に治るケースは非常に少なく、いかに日常生活を支障なく、送ることができるかが最も大切なポイントとなります。

症状によって薬の使い方が変わってくるので、そのときの状態に合った治療を続けることが大切です。
また最近では、アトピー性皮膚炎の原因にはアレルギー機序のみだけではなく、皮膚のバリア機能障害が大きく関与していることがわかってきました。よって保湿することの重要性があらためて再認識されています。

●外用療法
・皮膚の炎症を抑えるために、ステロイド外用薬や非ステロイド消炎薬(タクロスリムetc)が処方されます。
・ドライスキンを改善するためには保湿性外用剤が使われます。
・ステロイド外用薬は、作用の強さによって5つに分類され、湿疹の状態、場所や年齢によって使い分けます。

●内服療法
・かゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬が処方されます。
・アレルギー反応を抑えるためには、抗アレルギー薬が使われます。

●ステロイド軟膏について
・ステロイド軟膏は決して毒ではなく、アトピー性皮膚炎の治療には基本必要不可欠なものです。使い方を間違えれば副作用もでますが、決して自己判断せず、正しい使い方で治療することで良好なコントロールが可能となります。
とは言っても、ステロイドに不安を抱いてる患者様は、多くおられると思いますので、診察の時にきちんと説明を聞き治療を開始されることをお勧めします。

●非ステロイド消炎薬タクロスリム(プロトピック)
プロトピック軟膏はステロイド外用薬とは別の薬です。体の過剰な免疫反応をおさえてアトピー性皮膚炎のかゆみや炎症をおさえます。プロトピック軟膏の炎症をおさえる効果はミディアム(マイルド)クラス~ストロングクラスのステロイド外用薬と同じくらいです。

非ステロイド消炎薬タクロスリム(プロトピック)小冊子PDF

★ アトピー性皮膚炎のスキンケアと生活時の注意点

  1)1日2回の保湿剤の外用
  2)入浴・シャワーにより皮膚を清潔に保つ
  3)室内を清潔に保ち、適温・敵湿の環境を作る
  4)規則正しい生活をおくり、暴飲・暴食は避ける
  5)刺激の少ない衣服を着用する
  6)爪は短く切り、掻破による皮膚障害を避ける

漢方薬 含有生薬一覧表

症状や原因

※お薬ごとに含有されている成分は異なります

●蛇床子(じゃしょうし)
湿疹・皮膚掻痒症に用いる。
乳児湿疹・慢性湿疹の急性発作・汗庖様白癬のびらん期・陰嚢湿疹・外陰部掻痒・疥癬・皮膚白癬症などで、分泌物が滲出し掻痒がある時には、蛇床子の煎液で洗う。

●当帰(とうき)
生理異常、貧血、自律神経の乱れなどを改善する薬方に配合される。

●威霊仙(いれいせん)
鎮痛、利尿、通経の効果を期待して、神経痛、月経不順などを改善

●苦参(くじん)
苦味健胃、利胆、消炎、止瀉作用があり、消化不良、炎症性下痢を改善

●ベトナム桂皮(けいひ)
発汗、解熱、鎮痛(頭痛、身体疼痛など)、鎮静(のぼせ)、鎮痙

●錦紋大黄(きんもんだいおう)
便秘、胸満、腹満、腹痛、利尿異常、黄疸、瘀血(おけつ)など

●芍薬(しゃくやく)
収斂・鎮痙作用による腹痛、筋肉痛、下痢など

●地黄(じおう)
補精・強壮・止血作用があり、糖尿病、諸出血、貧血、便秘

●玄参(げんじん)
滋陰 清熱 除煩 解毒作用があり、熱病による身体のほてり、口渇、煩躁、のどの腫れ、不眠、自汗・寝汗鼻炎、るいれき、腫れ物、便秘

●白止(びゃくし)
去風・鎮静・鎮痛・発散・排膿作用があり、かゆみ、頭痛、歯痛、神経痛、鼻炎、感冒などを治療する薬方に配合される。

●黄連(おうれん)
充血または炎症があり、胸苦しい感じ、精神不安、心下部のつかえなどに用いられる。
整腸薬及び苦味健胃、整腸止瀉薬として用いる。

●山シシ(さんしし)
消炎・清熱・精神安定作用があり、充血、吐血、煩燥、黄疸、炎症、高血圧などを改善する薬方に配合される。

●黄芩(おうごん)
消炎解熱の効を期待し、炎症充血発熱を伴う疾患の薬方に配合される

●柴胡(さいこ)
往来寒熱、胸脇苦満などを目標に少陽病の主薬とされる。肝気の鬱結により起こる症状(眩暈、耳鳴り、感情の昂りなど)を改善する。内臓下垂(胃、子宮、直腸など)している状態を改善する(昇提)。

●黄柏(おうばく)
消炎、清熱の作用を期待し、薬方に配合する。また、打撲などの外用に用いる。
生薬製剤:苦味健胃、整腸止瀉薬

●連翹(れんぎょう)
消炎性利尿・排膿作用があり、皮膚疾患に用いる薬方に配合される。

●金銀花(きんぎんか)
解熱、解毒作用があり、風邪の初期の発熱、化膿性皮膚疾患を治療する薬方に配合

●白微(びゃくび)
滋養として病後の健康維持に用いる
微熱、寝汗、熱感、午後の発熱、発熱、意識障害、排尿痛、排尿障害、尿の混濁、血尿、せき

●石膏(せっこう)
清熱、止渇、沈静の効能があり、熱性疾患にみられる高熱や口渇、炎症のあるむくみや痒みなど

ご自宅での治療・外用薬

漢方薬
名称効能効果価格
蛇床子膏進行し始めた 炎症性疾患2,800〜4,800円
太乙膏アトピー性皮膚疾患
痒み、滲出物がある場合
肉芽形成促進作用
2,800〜4,800円
十味敗毒湯軟膏滲出物のある皮膚炎
比較的初期の可能性疾患
熱性疾患には適さない
2,800〜4,800円
黄連解毒膏かぶれ、滲出物がある場合
赤み、熱を帯びる程に炎症が進行した熱性皮膚疾患
2,800〜4,800円
白微膏保湿 皮脂欠乏症2,800〜4,800円

※漢方の処方時1回のみサンプルがご使用いただけます。
治療効果があった人のみ、2回め以降上記の金額で処方いたします。

初診料:1000円(税別) 再診料:750円(税別)

皮膚についてのお悩み一覧を見る

ご予約・お問い合せReservation

初診/再診の方ともにご予約いただけます。ご相談・ご質問はお問い合わせください。
24時間専用TEL : 050-5305-6827

ご予約・お問い合せReservation

初診/再診の方ともにご予約いただけます。ご相談・ご質問はお問い合わせください。