茨木市 形成外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科・内科 岡本医院
OKAMOTO CLINIC

発疹 湿疹 ぶつぶつEruption

水痘(みずぼうそう)などのウイルスの感染によって引き起こされる感染症、または薬の内服や注射によって生じる薬疹に分類されます。
早期に医師の診断を受けるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

症状や原因

もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。 一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

アトピー性皮膚炎への対処・治療方法

アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケア、アレルギー反応の抑制、炎症の抑制を目的として、薬による治療を中心に行います。この疾患は、完全に治るケースは非常に少なく、いかに日常生活を支障なく、送ることができるかが最も大切なポイントとなります。
 症状によって薬の使い方が変わってくるので、そのときの状態に合った治療を続けることが大切です。
また最近では、アトピー性皮膚炎の原因にはアレルギー機序のみだけではなく、皮膚のバリア機能障害が大きく関与していることがわかってきました。よって保湿することの重要性があらためて再認識されています。

●外用療法
・皮膚の炎症を抑えるために、ステロイド外用薬や非ステロイド消炎薬(タクロスリムetc)が処方されます。
・ドライスキンを改善するためには保湿性外用剤が使われます。
・ステロイド外用薬は、作用の強さによって5つに分類され、湿疹の状態、場所や年齢によって使い分けます。

●内服療法
・かゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬が処方されます。
・アレルギー反応を抑えるためには、抗アレルギー薬が使われます。

●ステロイド軟膏について
・ステロイド軟膏は決して毒ではなく、アトピー性皮膚炎の治療には基本必要不可欠なものです。使い方を間違えれば副作用もでますが、決して自己判断せず、正しい使い方で治療することで良好なコントロールが可能となります。
とは言っても、ステロイドに不安を抱いてる患者様は、多くおられると思いますので、診察の時にきちんと説明を聞き治療を開始されることをお勧めします。

★ アトピー性皮膚炎のスキンケアと生活時の注意点
  1)1日2回の保湿剤の外用
  2)入浴・シャワーにより皮膚を清潔に保つ
  3)室内を清潔に保ち、適温・敵湿の環境を作る
  4)規則正しい生活をおくり、暴飲・暴食は避ける
  5)刺激の少ない衣服を着用する
  6)爪は短く切り、掻破による皮膚障害を避ける

水疱瘡

症状や原因

水痘(みずぼうそう)は水痘帯状疱疹ウイルスの感染によって引き起こされる感染症です。つまり伝染する病気です。水痘帯状疱疹ウイルスは初めて感染して発症すると水痘(みずぼうそう)として症状があらわれ、その後ずっと体の神経の中に潜み続けます。一生、体から水痘帯状疱疹ウイルスが出てしまうことはありません。体の免疫力がなんらかの原因で弱ったときに帯状疱疹として再び水痘帯状疱疹ウイルスが暴れだし、神経節に沿って水ぶくれとピリピリとした神経痛の症状をあらわします。

通常、発疹が出始めます。発疹は始め頭皮に出ることが多く、その後に体から手足に出てくることが多いようです。全身に発疹が出現し、かゆみがあります。その後、赤い発疹となり徐々に透明な液体を含んだ1~4mmの水ぶくれになります。水ぶくれの時期がウイルスの状態が一番活発です。その後、水ぶくれは乾燥して、かさぶたとなります。発疹から水ぶくれになって、かさぶたに自然に変化しますが5日間程度かかり、その間は痒みがあります。
また、必ずではありませんが、38度前後の発熱の症状が出ることもあります。大人では発疹が出る1~2日前に発熱とだるさが出ることがあるようです。

薬疹

症状や原因

薬の内服や注射によって生じる発疹が「薬疹」です。重症度を測定するための尺度は無く、それぞれの見方で判断されるようです。

アレルギー性と非アレルギー性のものがあり、発疹の形状で分類されることもあります。反応により軽度・中等度・重度に分けられ、重度のものは死に至ることもあるようです。

薬疹への対処・治療方法

薬に反応するような細胞・抗体ができるまで、内服してから1~2週間かかります。そこで初めて発症することが多く、二回目の発症は投与後の数日以内が多いようです。ですが例外も多く、湿疹タイプは数カ月、ときには数年後に初めて発症することもあるそうです。

薬の種類によって起こりやすさが異なり、症状にも、いくつかの特徴がみられます。一時期に何種類も投与されている場合は、抗生物質・解熱剤・血圧の薬・神経科で処方される薬などが発症しやすく、まれにビタミン剤でも起こることもあります。

内服したことのない薬でアレルギー性薬疹を起こすことはないといわれますが、過去に原因薬と似たような特定の薬に感作(薬に対して反応するような細胞・抗体がある状態)した場合にはあり得るようです。

多型滲出性紅班・紅皮症型・じんましん型・光線過敏型薬疹(下唇の症状が重く、湿布でも反応が出ることもある)などがあります。

皮膚についてのお悩み一覧を見る

ご予約・お問い合せReservation

初診/再診の方ともにご予約いただけます。ご相談・ご質問はお問い合わせください。TEL : 072-652-5070

ご予約・お問い合せReservation

初診/再診の方ともにご予約いただけます。ご相談・ご質問はお問い合わせください。